自分でできる雨漏り診断

まずは自分で雨漏りチェック!

雨漏りは天井から起こるものと思いがちですが、そのほかにもさまざまな場所から起こることがあります。そしてわずかな雨漏りでも、放っておくと住まいの構造を腐らせ、耐久・耐震性を落とすことは、発生場所にかかわらず同じこと。まずは以下でご紹介する方法で雨漏りの有無をチェックし、少しでも気になるところがありましたらお気軽に雨漏り修理.comへご相談ください! ご相談・現地調査は無料で行っています。

雨漏りが起きやすい場所

以下のような場所は雨漏りが起きやすい場所です。シミや変色などの異変や、雨水が浸入しそうな破損などがないか、しっかりチェックしてください。

あなたの家は大丈夫?今すぐできる雨漏りチェック

以下でご紹介するチェックポイントは、どれも雨漏りが進行してしまったケースに見られる異変です。どれかひとつでも心当たりがありましたらすぐに雨漏り修理.comへご相談ください。無料の現地調査で、雨漏りの原因や状況をくわしくお調べします。

天井や壁にシミのようなものがある

天井や壁にシミのようなものがある

天井や壁にシミが見られるということは、屋根や外壁などから浸入した雨が構造内部を伝ってきたということ。すでに雨漏りがかなり進行しているサインですので、早急な対処が必要です。

雨が強いときにポタポタと音が聞こえる

雨が強いときにポタポタと音が聞こえる

屋根などが雨漏りを起こしている場合、雨が強いときなどに漏れた水が天井裏などに落ち、ポタポタと音がする場合があります。見逃しやすいサインなので、雨が強い日には注意して耳を澄ませてみましょう。

横殴りの雨のときに水が浸入する

横殴りの雨のときに水が浸入する

横殴りの雨のときなどに水が屋内に浸入する場合も、早急な対処が必要です。普通の雨の日も少しずつ水が浸入している可能性がありますので「雨が強いときだけだから」と油断せずに、すぐに改修を行いましょう。

窓サッシから雨漏りする

窓サッシから雨漏りする

窓サッシは雨漏りが起きやすいポイントです。一度、普段使用していない窓などもチェックし、雨漏りが起きていないかを確認してください。

雨が降った後、カビ臭い

雨が降った後、カビ臭い

雨漏りにより構造内部が腐食している場合、雨が降った後に室内がカビ臭くなることがあります。この場合はかなり腐食が進んでいることが考えられますので、すぐに改修をご検討ください。