問題解決事例

カラーベスト屋根に葺き替えして雨漏りを止めた 茨木市 木造アパート

屋根下地の野地板

施工前の瓦屋根

施工前

施工後のカラーベスト

施工後

基本データ

地域:
茨木市

築年数:
約30年

構造:
木造
工期:
8日間

材料:
施工前は瓦屋根
施工後はカラーベストのコロニアルクアッド

大阪府茨木市にある築30年程の木造アパートのオーナー様から、「雨漏りがしているから止めてほしい」と工務店様に問合せがあり、工務店様から雅工房にお問合せを頂き、瓦屋根からカラーベストに葺き替えをさせていただきました。

瓦屋根は瓦のズレや割れがあり修理では雨漏り再発の恐れが

オーナー様は同じようなアパートを2棟お持ちで、2棟とも屋根からの雨漏りがあったようです。
また、以前にも雨漏りがあったようですが、修理を行う事で対応していたということでした。

実際に屋根の状態の調査を行ってみると、瓦の位置がズレてきており、割れている瓦もありました。

多少の割れであれば、瓦の一部を修理するだけで対応できますが、瓦がズレてきているとなると修理をしたところで根本的な解決にはなりません。

また、雨漏りをしていたという事なので、屋根下地も痛んでいる可能性があります。

実際にどこまで痛んでいるのかは屋根を捲ってみないと分かりませんが、築年数30年程という事もあり、屋根の葺き替えを御提案させていただきました。

安く雨漏りを止めるためにカラーベストに葺き替え

オーナー様は30年程経過しているということもあり、屋根自体の葺き替えは検討していたようです。
ただ、2棟まとめてなので、屋根の葺き替え費用が高額になる事を悩まれていました。

だからこそ、屋根自体の費用と工期を抑えて工事費用全体を抑える為に、瓦屋根からカラーベストに葺き替えをさせていただきました。

今回、ご提案させて頂いたカラーベストは、コロニアルクアッドという、軽くて丈夫かつ防災性能が高いコストパフォーマンスの良いカラーベストなので、アパートなど人が多く住んでおり、面積の広い屋根に向いています。

カラーベストへの葺き替え工程

施工前の瓦屋根

既存の瓦屋根です。これを捲っていきます。

屋根下地の野地板

瓦屋根と土を撤去し、屋根下地の野地板だけになった状態です。

屋根の合板貼り

野地板は妻側向きに流れる板ですが、高さを調整するためにその野地板の上に桁側に向かって木材を取付けます。
そしてその上に、合板を取付けました。

カラールーフィング貼り

合板の上にカラールーフィング(防水シート)を貼りました。
ルーフィングも貼り方があり、上から貼るのではなく、屋根の下の方から貼る事で、重なるところの隙間から雨水が浸入しないようにしています。

カラーベストの準備

ここからカラーベストを貼っていきます。
屋根材が落ちないように、キレイにしっかりと並べておきます。

左側の屋根はカラーベスト貼り済み

屋根の左側からカラーベストを貼っています。
カラールーフィングと同じように、下から順に貼ってきます。

カラーベストに葺き替え完了

カラーベストに葺き替え完了

これが屋根の葺き替え工程です。

雨漏りしない屋根にするには雨の流れを考えて施工することが大切

今回、野地板に木材を貼り、その上に合板を貼りましたが、こうすることで屋根下地の高さが増しています。

実は、こうしたことには補強の理由だけでなく、雨漏りをしにくくする工夫があります。

既存の瓦屋根の状態では、桁にある鼻隠しが野地板より高くなっていました。
実はこれではシッカリとした雨仕舞ができません。

理由は、鼻隠しにも防水シートをかぶせて鼻隠しより外側に水が流れるような構造にしないといけないわけですが、鼻隠しの方が高いと水がうまく流れないので、屋根の高さを調整する必要があります。

このようなちょっとしたところですが、雨の流れを考えて施工する事によって、雨漏りのしにくくなるように葺き替えすることができます。

大阪の雨漏り修理なら雅工房におまかせ!