問題解決事例

ほとんどの部屋から雨漏りしてたのでカラーベストに葺き替え 大阪府三島郡島本町

施工前

施工後

基本データ

地域:
大阪府三島郡島本町桜井

築年数:
30年以上

構造:
木造2階建て
工期:
8日間

材料:
コロニアルクアッド

ほとんどの部屋で雨漏りしていた

築30年以上になる木造2階建て住宅。 ほとんどの部屋で雨漏りがあり、長い間放置をしていたようでした。 そしてお客様からご連絡を頂いて屋根に上がらせて頂き、屋根を調査させていただいたのですが、瓦自体の劣化も進んでおりました。 また、棟の部分などのところどころで瓦が下がってきている場所があり、経年劣化による雨漏りであることが明らかでした。 そして、対応策としては屋根の葺き替えをするのが好ましいということで、カラーベストでの葺き替えを提案させていただきました。

瓦の下の土が雨漏りで流されていた

瓦屋根の葺き替えをする場合、既存の瓦を撤去して下地を調整してから新しい屋根材を葺いていきます。 瓦屋根は天井側から野地板→防水シート→土→瓦の順に構成されています。 雨漏りがある場合は、土と防水シートを通ってから雨漏りするわけなのですが、防水シートはそう簡単に破損しないので、先ず防水シートの上を水が流れます。 そして、少量の水で土は流れませんが、水の流れる量が多いと土が流れて出していきます。 今回のS様邸の瓦を取ると、雨水によって流されてしまっていたために少ししか残っていませんでした。 写真の真ん中の土がキレイに無いのが分かりますが、これは水の流れ道になっていて、ここの土が流されて出た為です。 ここまで流れていると、雨漏りしている事が多いです。

雨漏りを放置すると、下地木材が腐って危険

雨漏りをしているということは、屋根の下地材となる野地板やバラ板も濡れているということになります。 ただ濡れるだけなら良いのですが、少し前の瓦屋根というのは湿気が逃げにくい構造になっているので、濡れると乾くまでに時間がかかってしまいます。 そして、継続的に雨漏りが続くと、下地材の野地板やバラ板が腐食していき弱くなっていきます。 そして腐食してしまうと最悪の場合、天井に穴が開いてしまいます。 S様邸の下地材も腐食していた箇所はありましたが、幸いにも屋根が落ちるほどではありませんでした。

屋根葺き替えの工程

ここから、雨漏り修理のために行った葺き替えの工程を説明します。

既存の瓦を撤去

img01

1枚1枚、慎重に瓦をめくっていきます。

img02

瓦を剥がしてから、袋に土を入れて台車付きハシゴで下していきます。

img03

すべて土をキレイに撤去しました。

img04

土を撤去してから防水シートを撤去します。これでまず、既存の瓦の撤去作業完了です。

下地工程

img05

むき出しのバラ板に長方形になっている角材を敷いて、少し高さを上げつつ新しく野地板を貼りつける場所をつくっていきます。

img06

そして、角材の上に野地板を貼ります。

img07

野地板を全面に貼った後は、アスファルト製カラールーフィングを下から順に貼っていきます。

i9mg08

大棟と隅棟の取り合い部はカッターを入れて収めることがあるので、多めに被せてカラールーフィングを貼ります。こうすることで、雨漏りを防ぐことができます。

カラーベスト貼りつけ工程

img10

下地が完成してから、カラーベストを1枚1枚キレイに貼っていきます。

img11

カラーベストを貼り終えてから、水切りのところにコーキングで防水堤を作ります。 防水堤をつくることで、奥の水切りの中に水が入ろうとしても防げます。

img12

そして、古い水切りの上から新しい水切りを取付けます。 この水切りを取付ける前に、根本の部分には取付前にコーキング。 取り付けた後にもコーキングをして、隙間を無くしました。 万が一、水切りの上から水が入っても下で防げるようにしています。

img13

大棟には換気棟を取りつけて、夏場の屋根にこもる熱気の排出やちょっとした湿気の排出ができるようにしました。 ちなみに、熱気の排出ができることによって、夏場のエアコン効率を上げることができるので、エコになります。

img14

そして、屋根全体にカラーベストをキレイに貼りつけて完成です。 これで雨漏りもバッチリ止まりました。

img15

更に、雨樋もかなり劣化していたので、半丸樋から排水量の多い角樋に交換して雨漏り修理のための屋根の葺き替え工事は完成です。

雅工房よりコメント

今回は、コロニアルクアッドというカラーベストで葺き替えを行いました。カラーベストの耐用年数は環境次第ですが15年ほどです。 とはいえ15年で全くダメになるという意味ではなく、徐々に性能が落ちてくるという事です。ただ放置をし続けると劣化したり破損したりすることもあり、雨漏りの原因にもなるので、定期的にメンテナンスや調査をする事が望ましいです。

その為、雅工房では屋根の葺き替えをさせていただいたところに、3年目、5年目、10年目に訪問させていただいて屋根の状態の調査をさせていただいています。そこで万が一、破損や雨漏りがあってもすぐに改善することができるので安心していただいています。

屋根からの雨漏りでお困りの方は雅工房にご相談ください。